かぎ針編み練習-こぐまのポーチ

 先日本屋に行った際、『あみぐるみの技法書』(日本あみぐるみ協会,誠文堂新光社,2018)を買った。平積みされていて目に付いたのだ。最近は編み物なんてアクリルたわししか編んでいないが、あみぐるみは中学生の頃に選択授業の家庭科で色々と作った思い出がある。ただ当時はなんとなく買った本を参考にゼロ知識・指導員なしでやっていたため、今思い返してみると手順やらやり方やら、色々と間違えたまま編んでいた。編み地の裏表さえ勘違いしていたような気がする。

 本屋に行った本来の目的は洋裁の参考書を買うためだった。最近特別なぬいぐるみを手に入れる機会があって、服を作ってやりたいと思ったのだ。だがしかし私は裁縫が大の苦手である。手工芸そのものが基本的に得意ではない。できることならばやりたくない。でも服は作りたい……そうして迷いの残るまま本を探したわけだが、案の定ピンとくる一冊には出会えなかった。当たり前だ。英語が読めないのに英語の小説を探そうとするようなものである。よし服を縫うのは諦めよう。苦手な縫い物に挑戦して挫折するよりは、まだ編み物の方がなんとかなるんじゃなかろうか……

 ということで、大きな目標を”ぬいぐるみの服を編む”に路線変更し、ひとまずかぎ針編みで毛糸の感覚を取り戻すことにしたのだった。そこで作ったのがこちら。

f:id:smack_okimura:20190916114726j:plain:w300
こぐまのポーチ(画像)
 ゆがんでいる。
 先述の技法書に載っていた編み図を参考に作ったものだ。材料はすべてあり合わせのものだから本の言うことを聞いていない部分が多々あるが、普段から自分は何事においてもそのような態度なので、気にしないでおく。そうして内布さえも省いた。しかしさすがにファスナーを縫うことから逃げるわけにはいかなかった。まあ両端の始末に苦戦したものの、開け閉めは円滑だ。
 しかしゆがんでいる。仕事は大雑把でも完成品には完璧を求める厄介な性分だから、気になってしまう。ここは慣れと丁寧な仕事を心がけるしかあるまい。